それぞれの医薬品のメリットやデメリットを解説

一般用医薬品のメリットとデメリット

一般用医薬品を服用することのメリットとしては、ドラックストアなどで病院へ向かう事が困難な場合や病院が閉まってしまっている場合でも薬を買うことが出来るといった点があります。また、これによって病院へ向かう時間を抑えることもできるので、この点もメリットであるといえます。

一般用医薬品のデメリットとしては、薬品の都合上病気の症状を緩和することが目的のものがほとんどですので、服用しても効果が期待できない場合もあります。また、1錠の薬の中に有効成分がいくつも含まれているため、アレルギーや飲み合わせによっては思わぬ副作用に繋がってしまう場合もありますので注意が必要です。なのでしっかりと購入した薬について調べておき、きちんとした服用をするようにしましょう。

要指導医薬品のメリットとデメリット

要指導薬品のメリットとして、医療用に準じて作られた薬品ですので、効果は一般用医薬品よりも大きいという点があります。医師や薬剤師の指導の元きちんとした服用を行うよう心掛ける必要がありますが、アレルギーの治療やむくみの改善といった症状の改善には有効であるといえます。

しかし、要指導医薬品にはデメリットも存在し、やはり薬品についてのリスクが高かったり不確定であるものなので、副作用には注意が必要になります。なので要指導医薬品を服用する場合には必ず指導や注意点をよく聞いて、要指導医薬品の服用の際には副作用の現れるアレルギーや体質ではないかどうかを確認し、錠剤の飲む量も指導されたとおりに飲むように気を付けておきましょう。


このPostをシェアする