ネットでは購入できない医薬品の違いを紹介

要指導医薬品の特徴を解説

要指導医薬品についてですが、これは医薬品の中でも医療用のものから市販薬に転用されたものになります。元々は医師の指示のもとで処方されていた薬なので取り扱いに注意が必要な薬であることが一般医薬品との違いでもあり、特徴でもあるかと思います。購入をする際には薬剤師の方から必ず指導を受けなければならないのでインターネットでの購入はできないようになっています。

このように要指導医薬品は個人だけで服用するには危険な為、ネット通販では購入ができません。しかしながら、要指導医薬品は原則として3年間市販薬として売られた後、服用しても安全であると判断されれば一般用医薬品に移行するため、一概に必ずネットで買うことが出来ないといった事もないので、この点については覚えておきましょう。

要指導薬品がネットで購入できない理由

要指導医薬品がネットで購入することが出来ない大きな理由として服用した際のリスクが高い可能性があり、医師の指導の元服用をしなければならないためです。2014年に改正薬事法が施行されたことによって一般用医薬品はインターネット通販ですべて購入することができますが、あくまでも分類上は劇薬であることからネットでの購入はできないのです。

このような点から取り扱いには十分に注意をしなければならないため、要指導医薬品を服用する際には文書での情報提供や指導が義務付けられています。なのでネット通販ではなく直接要指導医薬品を購入する、または処方される場合にはしっかりと医師や薬剤師の教える服用方法や注意点を守り、リスクの少ない服用をするように心掛けましょう。


このPostをシェアする