医薬品はそれぞれに違いがある

ネットで購入できる医薬品は一般医薬品

一般用医薬品とは服用する方が自身の健康状態を把握し、調剤薬局などで薬剤師の方や販売者から自分自身の自己責任人に基づいて購入することのできる医薬品です。この医薬品は市販薬や大衆薬とも呼ばれるのもので基本的にドラックストアなどで購入できる医薬品はこの分類の薬になり、ネット通販サイトなどで購入することが出来るものになっています。

一般用医薬品の特徴としては市販用ということもあって安全面を考慮して薬の有効成分が少なめになっているなどの特徴があります。このため軽い症状の場合には効果のある医薬品になっていますが、現在の症状によっては有効成分が少ないことから効果があまり現れないものもあるので注意が必要です。このような場合には病院でしっかりと処方薬をもらうようにしましょう。

一般用医薬品の分類について紹介

一般用医薬品の分類についてですが、副作用などのリスクが存在し、特に注意が必要な医薬品が第1類医薬品に分類されています。薬品の例としては毛髪用の薬などが存在し、薬剤師による医薬品の説明の義務があります。
そして副作用のリスクから注意が必要ですが、薬剤師や販売者から購入できる医薬品が第2類医薬品に分類されています。これには主な風邪薬や鎮痛剤などが分類されます。

そしてリスクが少なく、薬剤師や販売者から購入する方の希望がない限りは医薬品についての説明などの必要なく第3類医薬品に分類されています。
第3類医薬品に分類される薬品には一般的なビタミン剤や整腸剤、消化の動きを助ける薬などに分類されます。
このように一般医薬品は主に3種類に分類されまず。インターネットで医薬品を購入する場合にはリスクの少ないものだとしても服用する際の注意事項を確認し、安全に服用するようにしましょう。


このPostをシェアする